colours.

ひとり暮らしの大学生の日々。

令和になった今でもWindows XPは使い物になるのか【サポート終了から5年】

f:id:keigo-andante-17:20170816150830j:plain

5月に入り、元号も平成から令和へと変わった今でも、世界で使われているパソコンのうち、約2~3%はWindows XPが使われています。サポート終了から5年が経っても人気があり、もしかしたら皆さんの中にも使い続けている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、サポートが終了したOSの利用にはセキュリティ上のリスクが伴います。今回はWindows XPが今でも使えるものであるかどうか、様々な面から見ていこうと思います。

ウイルスセキュリティはどうすればいい?

人気だったOSでも、サポート終了から7年が経てば対応するソフトも少なくなります。今でも使えるソフトの例として、

の3つを挙げておきます。以前はAVGも使えましたが、さすがに限界がきています。

ウェブブラウザは何を使う

サポートが終了し、脆弱性が放置されたブラウザでネットサーフィンするのはさすがにいただけないので、今でもXP向けに更新されているブラウザを使いたいものです。しかしながら、そのようなブラウザは今では存在しません。(2年前ならFirefoxなどが使えた)

つまり、完全オフラインで作業を行うのが無難です。

文書作成のソフトはどうしよう?

2年前のバージョンなら無料のLibre Officeが利用できます。ただ、2年前ってのはね…。 まあ、オフラインで使えばあまり関係はないのですが。

つまり何が言いたい

インターネットに繋がずに使ったほうがよいです。オンライン上で作業するのは絶対オススメしません。

実家にもWindows XPのパソコンが1台ありますが、オフラインで使おうにも動作はめっちゃカクカクします。CPUがCeleronっていうせいもあるけれど。XPに相当な愛着がない限り、軽量なLinux OSをインストールすればネットもできるし、簡単な文書作成もできるしで、今でも使い続けられると思いますよ。