Juvenile

主にレビューと雑記。とりあえず自由なブログ。

Juvenile

2,000円でお釣りが出るハイレゾイヤホン「dodocool Hi-Res イヤホン」レビュー

f:id:keigo-andante-17:20170727072350j:plain

以前、「SoundPeats Q12」でBluetoothイヤホンデビューをした。あれ以来、外出する時はいつもQ12を持ち歩いている。というのも、その前に持っていたイヤホンの調子が悪かったから。そんなQ12だが、時々充電をし忘れることがあり、その時は音楽を聴けずイライラしていた。自分の責任なのだが、フル充電にしていても使用できるのは最大6時間なので、有線のものでもう1本イヤホンを持っておきたい、とは前から思っていた。

そのイヤホンに僕が求めていたのは、

  • 高価ではない
  • ある程度音質が良ければそれでいい
  • リモコン付き(曲送り機能が欲しい)

の3つ。

そこで今回購入したのが、「dodocool Hi-Res イヤホン」だ。

dodocool Hi-Res イヤホン

イヤホン仕様

周波数特性 20~45,000Hz
マイラー厚さ
インピーダンス 16Ω±20%の@1kHz
通常定格電力 3mW
最大入力 5mW
出力S.P.L 100±3dBのSPL @1kHz
入力S.P.L 126mVrms SPL @1kHz
R/L出力差 ≦1.5dB @1kHz 1mW
歪み 2%
BUZZE & RATTLE 50~3kHz(0.28V)

価格は驚きの1,699円。本当にハイレゾなのか疑わしい価格。

 

イヤホン紹介

f:id:keigo-andante-17:20170623192050j:plain

化粧箱は存在せず、キャリングケースがそのまま包装されて届いた。

ケースの手触りはマットな感じで、1,000円台のイヤホンとは思えないほど高級感がある。

f:id:keigo-andante-17:20170623192936j:plain

開くとこんな感じ。

f:id:keigo-andante-17:20170623192322j:plain

内容は、イヤホン本体、イヤーピース、簡易説明書の3つ。

f:id:keigo-andante-17:20170623192330j:plain

イヤホン本体。

f:id:keigo-andante-17:20170623192335j:plain

マイク兼リモコン。リモコンはシングルボタンで、押す回数によって動作が変わる。インストラクションマニュアル(取扱説明書)にも書かれているが、以下の通り。

1回…曲の再生・一時停止

2回…次の曲へ

3回…前の曲へ

3秒長押し…音声コントロール(Siri等)

なお、この動作は着信時には、

1回…応答

2回…切断

長押し…応答拒否

へと変わる。

また、ケーブルは割と細め。耐久性が心配だ。

 

音質レビュー

f:id:keigo-andante-17:20170727072506j:plain

まず、「Bee Moved」を聴き比べた。

圧縮音源は、音が曇っていたのに対し、ハイレゾ音源は、全体的にクリアに聞こえた。

 

その他にも何曲か聴いてみた。

まとめて感想を述べると、ベースの刻みがよく聞こえ、高音域に曇りを感じた。

※何時間か聴いていると耳も慣れてきたのか、高音の曇りもそんなに気にならなくなった。

 

ただ、低音は少し弱めである。また、ホワイトノイズが静かな場所では大きめに聞こえる。

 

また、実際持ち運んで外で何日か使ってみた。気づいたことを挙げると、

  • 耳元で風の抜ける音がする(イヤーピースの大きさが合っていない?)
  • やっぱりリモコンがあると便利
  • 絡まってしまうと解くのが面倒(有線イヤホンならでは、である)
  • 静かな曲だとホワイトノイズが気になる

といったところだろうか。

 

全体的なまとめとしては、

  • 価格の割にケースに高級感がある
  • 低音域は弱め、高音域には少し曇りが感じられる
  • とはいえ、1,699円なら買ってもよい

星5つでつけるとするなら、3.8程度。

低価格ながら、ケースがついていたのがプラスポイント。

イヤホン本体の見た目のチープさはもう少し改善してほしいと思った。まあ、1699円でしかもハイレゾだからそんなわがままは言えないのだろうが。(笑)