Juvenile

ただの雑記ブログ

Juvenile

ソフトやアプリでiCloudメールを受信できなくなったら「2ファクタ認証」を有効にせよ。

f:id:keigo-andante-17:20170623195148j:plain

突然ログイン不可能になったiCloudメール

僕はいろいろと(不必要な)メールアドレスを持っているのですが、その1つの中にiCloudのメールがあります。Nexus 6P(Android)で全てを管理しているのですが、6月の半ばくらいに急にログインできなくなり、メールの受信が不可能になってしまいました。1度ログアウトしてログインし直しても状況は変わらず。

解決策を偶然見つける

その後、「ログインできませんでした」という定期的な通知がうるさいのでアカウントの紐付けは解除していたのですが、先日このようなメールが届いていたのを見つけました。

f:id:keigo-andante-17:20170708004659j:plain

2ファクタ認証…?聞き慣れない言葉でした。

「2ファクタ認証」とは

2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。(公式サイトより)

2ファクタ認証を使うことで、パスワードが自ら設定したものと登録済みの端末に送信されるものの2つになり、2つとも合致しなければログインできなくなります。面倒(2度目以降、同端末ではパスコードを求められないためそこまで面倒ではない)な反面、セキュリティ面でグッドな機能です。

6/15以降、この機能を有効にしてApp用パスワードを発行しないと、Apple端末以外でiCloudメールを受信できなくなりました。

2ファクタ認証を設定する

じゃあ設定してみよう。対応している端末は、iPod touch 5(iOS9)しかなかったので、その画面とともに説明します。

f:id:keigo-andante-17:20170708005238j:plain

まず、設定アプリを開いて「iCloud

f:id:keigo-andante-17:20170708005415j:plain

自分の名前が表示されている部分をタップ。

f:id:keigo-andante-17:20170708005450j:plain

「パスワードとセキュリティ」

f:id:keigo-andante-17:20170708005507j:plain

「2ファクタ認証を有効にする」をタップすると、

f:id:keigo-andante-17:20170708005044j:plain

このように表示されるので、

f:id:keigo-andante-17:20170708005112j:plain

電話番号を入力します。「次へ」進んだ後、入力した番号にSMS(または音声通話)で確認コードが届くのでそれを入力。

これで、2ファクタ認証の設定は終了です。

f:id:keigo-andante-17:20170708005605j:plain

ログインの際、このようにポップアップで確認コードが表示されるようになります。

f:id:keigo-andante-17:20170708004646j:plain

メールも届きます。

App用パスワードを発行する

App用パスワードは簡単に発行できます。

f:id:keigo-andante-17:20170708005639j:plain

Apple IDのページからログインし、App用パスワードの「パスワードの生成」から発行できます。

これを、メールアプリ(メールソフト)でアカウント設定するときのパスワードの欄に入力することで、アプリやソフトでもiCloudメールを受信できるようになります。

一応、公式のメール設定も載せておきます。

f:id:keigo-andante-17:20170708005710j:plain

困った時にお試しください。

広告を非表示にする