Juvenile

主にレビューと雑記。とりあえず自由なブログ。

Juvenile

「CopyTrans Manager」でiPhone・iPodの音楽管理。動作の重いiTunesとはおさらばだ

f:id:keigo-andante-17:20170618201449j:plain

数年前に、iPodの音楽管理を友達に任されたことがある。「iTunes」で一括管理しようと思ったのだが、iTunesは動作が重い。それ故、起動に時間がかかったり、途中で応答なし画面になったりなどして、なかなかスムーズに管理することはできない。また、iTunesiPodの音楽管理をする際は、「同期」という形になるため、パソコン内にも音楽ファイルを保存しておかなければならない。パソコンで音楽を聞く機会は少ない、という方もいらっしゃるだろう。実際、その友達がそうだった。

その人のためにおすすめな管理ソフト「CopyTrans Manager」を今回は紹介したいと思う。

 

CopyTrans Manager

f:id:keigo-andante-17:20170618092257p:plain

CopyTrans ManagerはiTunesに代わり、iPodiPhoneの音楽、アプリ、ビデオ、プレイリストなどを管理することができるフリーソフトです。

  • 音楽、アプリ、動画をPCからiPhoneに追加
  • iPodのプレイリストの作成と編集
  • iPodの曲、ビデオ、アプリ、着信音などを削除
  • アーティスト名やレートの変更などメタタグを編集
  • アートワークや歌詞をiPodに直接追加
  • 内蔵のプレーヤーを使ってiPodの音楽やビデオを再生
  • iTunesを使わずiPhoneiPad&iPodの音楽を管理!

(公式サイトより)

 

https://www.copytrans.jp/download/からソフトのダウンロードを行える。

f:id:keigo-andante-17:20170618092339p:plain

インストールされるのはControl Centerのみであるため、起動後、「CopyTrans Manager」を選択してインストールする。

f:id:keigo-andante-17:20170618093115p:plain

ソフトの基本的なUIはこのようになっている。

 

f:id:keigo-andante-17:20170618193354p:plain

音楽を右クリックで選択すれば、楽曲情報、アルバム画像等を編集することができる。

 

接続にはAppleのドライバが必要

iOS端末と接続するには、Appleのドライバが必要だ。iTunesをインストールする時に同時にインストールされるが、ドライバだけインストールするという方法もある。

iTunesをインストールせずに、iPod Touch、iPhoneとiPadドライバのインストール

 

Appleが対応している音楽ファイル形式

ハイレゾ音源でよく使われるFLACというファイル形式の音楽は、このソフトを通じて転送することができない。

f:id:keigo-andante-17:20170618093513p:plain

音楽変換ツールとしては、無料の中では個人的に「xrecode II」が最強だと思っていたのだが、xrecode 3にバージョンアップされ、30日間の試用期間が定められてしまった。しかし、頻繁に行われる細かなバージョンアップをすることで試用期間を延長できるため、実質無制限といえるだろう。多機能なため、僕はこのソフトを愛用している。

他に挙げるとするならば、

くらいだろうか。

 

CopyTrans Managerは、iTunesと比べ動作が軽いソフトだ。パソコンではあまり音楽を聴かないという方は、わざわざiTunesを使う必要はないと思う。