Juvenile

ただの雑記ブログ

Juvenile

【2017最新版】まだWindows XPを使い続けたい人向け。必ずしておきたいセキュリティー対策。

Windows XPは、既にサポートが切れているので、この記事に記載されている限りではもちろん対応しきれない部分もあります。特別な理由がない方は、なるべく最新のOSにアップグレードしましょう。

 

 

 

家には、1台だけWindows XPのノートパソコンがあるのですが、サポートが切れて以来ほとんど使っていません。しかし、年賀状を書く時に、知人の住所等がそこの中にすべて入っているので、新年が近づいてくると引っ張り出してこなければなりません。データの移行も考えたのですが、最近になってほとんど年賀状も書かないので、面倒臭がっています。

 

それはさておき、Windows XPは2014年4月8日でサポートが切れました。既に3年も経っています。サポートが切れたOSには、脆弱性があっても公式で対応してくれることは基本ないのですが、先日Microsoftによる異例のランサムウェア対策が行われたことに驚きました。

未だ世界の7%のパソコンのOSにはWindows XPが使われています。しかし、Windows XPでないと対応しないソフトも当然あるわけで。前よりは減りましたが、Windows XPを使わなければならない状況も少なからずあります。また、「Windows XPは素晴らしいOSだ。まだ使いたい」という方もいらっしゃると思います。

今回は、そのような方のために、今できる最大限のセキュリティー対策をまとめて書いていこうと思います。

 

1. なるべくインターネットに接続しない

f:id:keigo-andante-17:20170623194410j:plain

これが1番の対策です。基本、ウイルスはインターネット上から感染するので、ずっとオフラインで作業していれば、感染することはほとんどありません。ただ、USBメモリー等からでもウイルスが感染することがあるので注意は必要です。そのために、メディアの自動再生を無効にしておきましょう

 

2. ウイルス対策ソフトをインストールしておく

Windows XPは公式のサポートを受けられないため、自分でウイルス対策をしておく必要があります。もちろん、公式のソフト「Microsoft Security Essentials」はもう対応していないので、自分でソフトを探してインストールする必要があります。

対応しているソフトを以下に数本、例として挙げておきます。

AVG AntiVirus FREE

f:id:keigo-andante-17:20170623194358p:plain

Avast Free AntiVirus

f:id:keigo-andante-17:20170623194420p:plain

Comodo Free Antivirus

f:id:keigo-andante-17:20170623194429p:plain

Panda Free Antivirus

f:id:keigo-andante-17:20170623194444p:plain

 

3. なるべく最新版のソフトを使う

普段使うソフトは、なるべく最新バージョンに更新しておきましょう。

 

4. POSReady 2009のセキュリティアップデートを受け取る(自己責任)

Windows XPのOSサポートは2014年で終了しましたが、そのカーネルをベースとした組み込み可能機器向けのOS「Wubdiws Embedded POSReady 2009」は2019年までサポートされています。レジストリを書き換えることで、POSReady用のセキュリティー更新を受け取れるようになるみたいです。

下記のサイトに方法が記載されています。試したことはないので自己責任で。

まだできる!WindowsXP2019年まで継続更新する方法 - Page 2 of 2 - 初心者向けタブレットやWEBデザイナーPCカスタマイズ方法

 

5. 個人データのバックアップを忘れずに

f:id:keigo-andante-17:20170623194511j:plain

この方法を全て試しても、対応しきれない部分もあります。万が一のために、個人データ(写真や動画、文書等)のバックアップは忘れずに。

 

久しぶりに、Windows XPのパソコンを起動させてみました。感想を言えば、「まだかろうじて使える」。1番の理由としては、動作がカクカクしていてフォントレンダリングがあまりよろしくなかった(メイリオに変更してClearTypeにしておけばまだマシになる)から。まあ、10年前の性能なので仕方ないです。また、Windows Vistaのサポートが2017年4月で終了したのも相まって、さまざまなソフトがXP・Vistaのサポートを打ち切っています。インターネットブラウザーも、記事投稿時点でかろうじてサポートされている有名どころは、Firefoxのみ。それも2017年9月でサポート終了なので、それ以降、XPを使うときはなるべくオフラインで作業したほうが良さそうです。

インターネットするだけ、他のことをしても簡単な文書作成程度であれば、Linux OSをインストールするのもひとつの良い手段かもしれません。

広告を非表示にする