Juvenile

音楽とともに生きる。レビュー記事中心に。

2,000円でお釣りが出るハイレゾイヤホン「dodocool Hi-Res イヤホン」レビュー

f:id:keigo-andante-17:20170727072350j:plain

以前、「SoundPeats Q12」でBluetoothイヤホンデビューをした。あれ以来、外出する時はいつもQ12を持ち歩いている。というのも、その前に持っていたイヤホンの調子が悪かったから。そんなQ12だが、時々充電をし忘れることがあり、その時は音楽を聴けずイライラしていた。自分の責任なのだが、フル充電にしていても使用できるのは最大6時間なので、有線のものでもう1本イヤホンを持っておきたい、とは前から思っていた。

そのイヤホンに僕が求めていたのは、

  • 高価ではない
  • ある程度音質が良ければそれでいい
  • リモコン付き(曲送り機能が欲しい)

の3つ。

そこで今回購入したのが、「dodocool Hi-Res イヤホン」だ。

dodocool Hi-Res イヤホン

イヤホン仕様

周波数特性 20~45,000Hz
マイラー厚さ
インピーダンス 16Ω±20%の@1kHz
通常定格電力 3mW
最大入力 5mW
出力S.P.L 100±3dBのSPL @1kHz
入力S.P.L 126mVrms SPL @1kHz
R/L出力差 ≦1.5dB @1kHz 1mW
歪み 2%
BUZZE & RATTLE 50~3kHz(0.28V)

価格は驚きの1,699円。本当にハイレゾなのか疑わしい価格。

 

イヤホン紹介

f:id:keigo-andante-17:20170623192050j:plain

化粧箱は存在せず、キャリングケースがそのまま包装されて届いた。

ケースの手触りはマットな感じで、1,000円台のイヤホンとは思えないほど高級感がある。

f:id:keigo-andante-17:20170623192936j:plain

開くとこんな感じ。

f:id:keigo-andante-17:20170623192322j:plain

内容は、イヤホン本体、イヤーピース、簡易説明書の3つ。

f:id:keigo-andante-17:20170623192330j:plain

イヤホン本体。

f:id:keigo-andante-17:20170623192335j:plain

マイク兼リモコン。リモコンはシングルボタンで、押す回数によって動作が変わる。インストラクションマニュアル(取扱説明書)にも書かれているが、以下の通り。

1回…曲の再生・一時停止

2回…次の曲へ

3回…前の曲へ

3秒長押し…音声コントロール(Siri等)

なお、この動作は着信時には、

1回…応答

2回…切断

長押し…応答拒否

へと変わる。

また、ケーブルは割と細め。耐久性が心配だ。

 

音質レビュー

f:id:keigo-andante-17:20170727072506j:plain

まず、「Bee Moved」を聴き比べた。

圧縮音源は、音が曇っていたのに対し、ハイレゾ音源は、全体的にクリアに聞こえた。

 

その他にも何曲か聴いてみた。

まとめて感想を述べると、ベースの刻みがよく聞こえ、高音域に曇りを感じた。

※何時間か聴いていると耳も慣れてきたのか、高音の曇りもそんなに気にならなくなった。

 

ただ、低音は少し弱めである。また、ホワイトノイズが静かな場所では大きめに聞こえる。

 

また、実際持ち運んで外で何日か使ってみた。気づいたことを挙げると、

  • 耳元で風の抜ける音がする(イヤーピースの大きさが合っていない?)
  • やっぱりリモコンがあると便利
  • 絡まってしまうと解くのが面倒(有線イヤホンならでは、である)
  • 静かな曲だとホワイトノイズが気になる

といったところだろうか。

 

全体的なまとめとしては、

  • 価格の割にケースに高級感がある
  • 低音域は弱め、高音域には少し曇りが感じられる
  • とはいえ、1,699円なら買ってもよい

星5つでつけるとするなら、3.8程度。

低価格ながら、ケースがついていたのがプラスポイント。

イヤホン本体の見た目のチープさはもう少し改善してほしいと思った。まあ、1699円でしかもハイレゾだからそんなわがままは言えないのだろうが。(笑)

ソフトやアプリでiCloudメールを受信できなくなったら「2ファクタ認証」を有効にせよ。

f:id:keigo-andante-17:20170623195148j:plain

突然ログイン不可能になったiCloudメール

僕はいろいろと(不必要な)メールアドレスを持っているのですが、その1つの中にiCloudのメールがあります。Nexus 6P(Android)で全てを管理しているのですが、6月の半ばくらいに急にログインできなくなり、メールの受信が不可能になってしまいました。1度ログアウトしてログインし直しても状況は変わらず。

解決策を偶然見つける

その後、「ログインできませんでした」という定期的な通知がうるさいのでアカウントの紐付けは解除していたのですが、先日このようなメールが届いていたのを見つけました。

f:id:keigo-andante-17:20170708004659j:plain

2ファクタ認証…?聞き慣れない言葉でした。

「2ファクタ認証」とは

2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。(公式サイトより)

2ファクタ認証を使うことで、パスワードが自ら設定したものと登録済みの端末に送信されるものの2つになり、2つとも合致しなければログインできなくなります。面倒(2度目以降、同端末ではパスコードを求められないためそこまで面倒ではない)な反面、セキュリティ面でグッドな機能です。

6/15以降、この機能を有効にしてApp用パスワードを発行しないと、Apple端末以外でiCloudメールを受信できなくなりました。

2ファクタ認証を設定する

じゃあ設定してみよう。対応している端末は、iPod touch 5(iOS9)しかなかったので、その画面とともに説明します。

f:id:keigo-andante-17:20170708005238j:plain

まず、設定アプリを開いて「iCloud

f:id:keigo-andante-17:20170708005415j:plain

自分の名前が表示されている部分をタップ。

f:id:keigo-andante-17:20170708005450j:plain

「パスワードとセキュリティ」

f:id:keigo-andante-17:20170708005507j:plain

「2ファクタ認証を有効にする」をタップすると、

f:id:keigo-andante-17:20170708005044j:plain

このように表示されるので、

f:id:keigo-andante-17:20170708005112j:plain

電話番号を入力します。「次へ」進んだ後、入力した番号にSMS(または音声通話)で確認コードが届くのでそれを入力。

これで、2ファクタ認証の設定は終了です。

f:id:keigo-andante-17:20170708005605j:plain

ログインの際、このようにポップアップで確認コードが表示されるようになります。

f:id:keigo-andante-17:20170708004646j:plain

メールも届きます。

App用パスワードを発行する

App用パスワードは簡単に発行できます。

f:id:keigo-andante-17:20170708005639j:plain

Apple IDのページからログインし、App用パスワードの「パスワードの生成」から発行できます。

これを、メールアプリ(メールソフト)でアカウント設定するときのパスワードの欄に入力することで、アプリやソフトでもiCloudメールを受信できるようになります。

一応、公式のメール設定も載せておきます。

f:id:keigo-andante-17:20170708005710j:plain

困った時にお試しください。

5年ぶりの買い替え。Amazonキーボードベストセラー1位「iBUFFALO BSKBW100SBK」を使ってみて

f:id:keigo-andante-17:20170622194342j:plain

情報収集にブログ更新、動画閲覧にインターネットショッピング。毎日と言ってもいいほど僕はパソコンを使っている。

 

僕は、iBUFFALOの無線キーボード・マウス「BSKBW07」を5年間使ってきた。安価で使いやすかったのだが、ついに調子が悪くなってきてしまった。いくつかのキーが反応しなくなったのだ。

家には有線のキーボードがあったのだが、配線を複雑にしたくないし、最新のものなら電池持ちも良くなっているだろうと思い、新しく買うことにした。

 

そして購入したのがこちら。

f:id:keigo-andante-17:20170622194355j:plain

再びiBUFFALO製である。型番は「BSKBW100SBK」だ。

 

買った理由を挙げるとすれば、

1. 安価

2. 静音マウスとのセットである

3. レシーバーが小型

 

②が1番の購入の決め手だ。本来の目的は、キーボードの買い替えなのだが。

f:id:keigo-andante-17:20170622194408j:plain

価格は1,600円。キーボードとマウスのセットの中では、とても安い方だ。

Amazonでの取扱開始日は2017/3/15。発売してそこまで時間が経っていないのだろう。

 

f:id:keigo-andante-17:20170622194420j:plain

内容は、至ってシンプル。

  1. キーボード
  2. マウス
  3. 動作用の電池(単3・単4各1本)
  4. 取扱説明書

の4つだ。

f:id:keigo-andante-17:20170622194433j:plain

キーボードはメンブレン式。キーピッチは19mm、キーストロークは2.3mmだ。

(公式サイトより)

 

f:id:keigo-andante-17:20170622194445j:plain

キーボードの背面についているツメを立てれば、それがスタンドとなり、角度をつけられる。手元にあったiPod touchと高さ比較。

 

f:id:keigo-andante-17:20170622194456j:plain

これまで使っていた「BSKBW07(写真下)」と比較。

このキーボードはコンパクトモデルと謳っているが、複数の機能を持つキーがほとんど存在しないので横幅は広い。

 

f:id:keigo-andante-17:20170622194507j:plain

マウスはリバーシブルモデル。左右どちらの手でも扱いやすいようになっている。また、静音仕様だ。

 

この記事は、今回買ったキーボードとマウスを使って書いているが、そのときに思ったのは、

  • キーボード・マウスともに静音で、静かに作業ができる
  • Deleteキーを押そうとした時、別のキーを押してしまう

ことだ。

f:id:keigo-andante-17:20170622194518j:plain

また、キーボードは10ヶ月、マウスは7ヶ月動作する省エネモデルとなっている。それぞれ電池1本で動作するのもグッドポイント。

 

特にこだわりがないが、キーボード・マウス選びに迷っているという方は、これを選んでおけば間違いないと思う。